I beg you.

朽ちてゆく光は貴方に届くはずだから

有澤樟太郎くんへ

 

 

 

 

 

 

 

 

 

長年つらつら激重メンヘラブログを書き続けていましたがきっとこれが最後だなあって思い、今までのことを思い出して書いていてそのままにしてました。

更新するかすごく悩んだけど終わりをちゃんとしたかったし最後を今日にするのがいちばんいいのかなって思って。

 

 

 

2016年に出会って4年が経ったよ

いろんなことがあったね

言い出したらキリが無いけど死ぬほどODした日もあったし腹が立って暴れたこともあったし演技に文句つけたこともあったし幸せすぎて死のうとしたこともあったけどその逆もたくさんあったね、まあ基本泣いてたね

何をそんなに泣いてたのか忘れたけど辛くても泣いたし幸せでも泣いたし悔しくても泣いたし何かあるたびに泣いてたなあ 最近はあんまり泣かなくなってたけど

 

 

 

 

 

たくさん迷惑かけてすみませんでした。樟太郎くんにとってわたしは何だったんだろうって思ってみたけど何でもなかったな。ただ皆とおんなじファンだったよ。

でも、本当に樟太郎くんと出会って人生変わったよ。たくさんのものを貰ったよ。何にもないただの人間にたくさん教えてくれたよ。生き方も教えてくれたし、大事にしたいって思える友達もできたし、なにより変わる勇気をくれたよ。すぐ泣いて口だけの臆病者だったのにここまで変えてくれてありがとう。

 

 

わたしね、板の上に立つ有澤樟太郎にガチ恋だったよ。みんなの有澤樟太郎が大好きだったよ。みんなにしょうちゃん、樟太郎って可愛がられてる樟太郎くんが大好きだったよ。いまも思い出したら全部大好きだったって思うよ。でも全部過去形になっちゃった。思い出にしがみついてるだけになっちゃった。

したいことも叶えたいことも話したいこともたくさんあったのに、「好きだった」になっちゃった。あんなに大好きだった未来を見れなくなっちゃってごめんなさい。

辞めますなんて本人に言ったところでわたしは空気上の塵のようなものだからね、痛くも痒くもないのかあ、むかつくなあ、嘘です。

 

 

 

でもわたし2019年12月12日の100万回のありがとうは一生忘れないよ。きっと樟太郎くんのこと思い出すときにこの日のこと思い出すよ。100万回もありがとうの対価って何?命以外のすべてじゃん

 

 

ブログを書く上で写真をたくさん見てたら普通に泣きそうになってきた。右頬をあげて笑う顔が好きだった、時々自信なさそうに困った顔するのも好きだった、歌う声が大好きだった、板の上に立つと途端に大丈夫って思わせてくれるところが好きだった、すぐ調子に乗るところも大好きだった、でもたまにすこし不機嫌になるのは治してね

 

 

 

 

 

ねえ本当に好きだったんだね、わたし。本当に大切な人だったんだよ。わたしがいなくなって清々するかなあ。本当に本当に思い出がたくさんあるけど死ぬほど辛くて泣いたことの方が多いはずなのに幸せだったことしか思い出せないの、本当都合いい頭で幸せな脳内花畑!

樟太郎くんが創り出したあの空間にずっといたかったな。死にかけて周りに誰もいなくなったときに戻る場所をくれてありがとう。サンシャイン劇場の1列18番が大好きだよ。劇場の上手から樟太郎くんの背中を観てるのが好きだった。たくさん働いたなあ、ブロマイド数えたら多分1000枚はあるんじゃないかなあ。醜形のせいで接触も行けず泣いてた時期もあったなあ、いま自分に自信を持てるようになろうって思えたのも樟太郎くんのおかげだよ。手紙のこと覚えててくれたの嬉しかったなあ。嘘でもうれしかった。何一つ嘘はなくて本当に樟太郎くんがいてくれてよかったって思ったんだ。言葉の通り命を救ってくれてありがとう。

樟太郎くんが褒めてくれたから大丈夫って思えたことたくさんあるんだよ、本当に弱かったわたしをここまで強くしてくれたの樟太郎くんのおかげだよ。樟太郎くんがいてくれたからここまで来れたよ。もう大丈夫、ひとりで生きていけるから、樟太郎くんに縋らなくても生きていけるから。ひとりぼっちだったけどたくさん友達もできたよ。こんなわたしを好きだって言ってくれる物好きな友達もたくさん出来たよ。ありがとう、わたしに生きる道標をくれて。ありがとう、わたしに大切なものを作らせてくれて。

 

 

もう樟太郎くんがいなくても生きていけるようになれたよ。これからもいろんなことがあると思うけど気を引き締めて頑張ってください。樟太郎くんがいてくれたら地獄だってよかったよ、樟太郎くんがいない天国より樟太郎くんがいる地獄の方がわたしは幸せだったよ。地獄だなんて思ってなかったけど。綺麗な夢も辛い夢もたくさん見せてくれてありがとう。

 

 

 

やっぱりわたしにとって樟太郎くんはこの世界で唯一きらきらしたもので嘘偽りなく綺麗なもので神様みたいに神聖でずっと宝箱の真ん中で一番輝いてる星なの、偶像崇拝なの。全身に浴びた照明を跳ね返すような存在が大好きだったよ。

 

 

なにか嫌いになったわけでもないし嫌なところがあったわけでもなくてただこの期間で気持ちが分からなくなったからこれを機にケジメつけようと思ったの。ここが潮時だっただけ。

 

 

 

わたしとして認識してくれる時間が大好きだったから忘れられるのが怖いしそれを現実として受け入れるのも出来ないしだったらもう目の前から消えようと思います。幸せな思い出のまま終わらせてください。

いままで樟太郎くんに使ってた分の時間もお金も今度は自分に使おうと思います。

 

 

 

最後にこれだけ。

貴方は誰かの理想や昔叶えたかった夢を体現する道具なんかじゃないよ。表現するものや理想を誰かと共有するのであって決して誰かの駒なんかじゃない。貴方が一番輝ける場所は自分自身で作ってね。

 

 

降りるから!って泣いたことはたくさんあったけどもう本当に本当に終わりにします。ばいばい、可愛くてちょっと抜けてるわたしの神様。

今でも好きだよ、でも胸張って前みたいに息をするように大好きだなんて言えないや。ごめんなさい。結局嘘をついてしまってごめんなさい。

これからも幸せに生きていてね、誰よりも笑っていてね、これからもたくさん夢を叶えてね、全部全部わたしの知らないところで幸せになってね、いつかわたしが知らない誰かと結婚してテレビをつけたら樟太郎くんが映ってて昔すごくすきだったなあなんてふと思う、そんな日が来ることを願っています。

 

 

 

 

これからも樟太郎くんの演劇で私みたいに誰かの辛い世界が救われますように。

 

 

 

 

 

f:id:O_x_PiNK_x_O:20200817065659j:image

 

 

さいごまで応援できなくてごめんなさい

嘘ついてごめんなさい

しょ〜ちゃんだいすきでした

大好きのままおわります

また出会ったらすきになってしまうから

来世では出会いませんように

 

 

 

 

 

 

2020.7.30    もえめろ

 

 

 

ビルにまみえる夜空の星に願いを込める こんな夜に

お互いに書こうかって話してたので完全な身内ネタです。

タイトルは2人の大好きな曲です。

Dear もえさま - Nostalgic Dream Girl

これのお返事。

 

 

f:id:O_x_PiNK_x_O:20191212102207j:image

この妹の話です。

刀剣界隈だった頃に知り合っていつも二人揃って叩かれて病んだりキレたりしてたのがもうほんとに昔なんだなあって思います。

 

 

 

女の子はお砂糖とスパイスと素敵な何かでできてるって言うけどみ〜ちゃんはそれを絵に書いたようなそんな女の子です。可愛くて砂糖菓子のように甘くてでも少し脆くて、グッと握ったら崩れてしまうような。

だから大事に大事に壊れないようにしないといけないの。まあ彼女よく壊れますけどね?なんせ姉妹なもので解決策の分かっていることでバチクソ病んでしまうので…でも私たち打たれ弱いけど心はめげない!!!!めげない!しょげない!泣いても頑張る!!!

 

 

み〜ちゃんがくれた言葉はたくさんもえの人生を彩ってくれてます。何があっても有澤くんだけは信じてあげてって言葉はほんとに私の死にそうになったときに何度も何度もその言葉思い出して生きてきたの。この人の言葉はすごいの。人っていうか私だけなんだけど、心にすっと入ってくる。出口のない地獄にいるみたいに泣いていてもみ〜ちゃんのたったひと言で出口ができる。

それがいいことでも悪いことでもみ〜ちゃんは同じ場所まできて話を聞いてくれる。わたしを辛くて暗くて怖い場所に1人にしないでくれる。きっと普通の人はそこより少し上から手を出して引っ張り出してくれるんだろうけど、み〜ちゃんは違う。こっちまで来てくれて隣に座って同じ方を向いて「もえさま、ここにいるの?こんなとこずっといるのこわくない〜?」って話しかけて連れ出してくれる。天使。

 

 

私の性格だと来る者拒まず去るもの追わずって感じで去ってく友達もそっか、じゃあねで済ませてしまうぐらい冷たい人間なんですけどみ〜ちゃんだけは失踪したとき血眼で探してました。探偵使うかまで行きました。だってこの人に嫌われる理由がないっていう謎の自信があるから。私の魂の半分はこの子が持ってるもの。

み〜ちゃんに見つけて欲しくて公開アカウント作ったりみ〜ちゃんが昔使ってたアカウントのID使ったりはてブロに書いてみたりするぐらいには私を見つけて欲しかった。

 

私は何があっても友達より家族より推しが1番です。悪いけどどちらか死ぬから選んで言われたら推しを選んでしまいます。推しがいてずっとずっとずーっと下に友達がいるぐらいです。人に興味が無いから。私と推しさえ幸せであれば他はどうでもいい。最低だと思うけど嘘つけないし。だから1番には誰もなれないんです。1番は何があっても有澤樟太郎なの。

でもみ〜ちゃんに「わたしはみ〜ちゃんを1番には出来ないけどみ〜ちゃんの1番ではいたい」って言ったときそれでも嬉しいって思ってくれたのすごく嬉しかった。私の身勝手な行動でも許してくれる。

 

 

だからね、もえも許すよ。み〜ちゃんになら何されても怒らないし見捨てないし全部受け止めてあげる。地獄にだって一緒に堕ちよう。ずっとお互いの唯一無二でいよう。ダメになるときは一緒にダメになるよ。いつまでも誰からも認めて貰えなかった私たちでいよう。変わらず頭おかしく馬鹿笑いしていよう。

 

 

いつまでもわたしたちの神さまが笑っていられるように私たちが笑って生きよう。神さまたちに生かされた命をわたしたちが大事に生きよう。神さまの夢が叶うところをふたりで遠くから眺めていようね。王子様は迎えに来てくれなかったけど神さまたちがいてくれたらわたしたちも大丈夫だもの。

 

 

ねえ、もう私たち自分が幸せになるためにだけに頑張ってもいいんだよ。

 

 

 

 

f:id:O_x_PiNK_x_O:20191213170643j:image

 

報われないわたしなんてもういないから、いつか幸せに笑う隣にみ〜ちゃんがいてくれたら嬉しいなって思うよ。「もえさんのことを好いている人間はたくさんいるだろうけど、その中でも私がトップクラスにもえさんのこと好きだから」って言いましたけど、それは自覚してます。信じてます。伝わってます。

大好きです。笑う顔も顔がいい男を見てひっくり返ってるところも泣きながらSideMについて語ってるところも前髪をいじる癖も全部好きです。嫌いなところは見つかりません。

ずっと一緒にいようね。どこまでも連れていくしいつまでも傍にいるよ。

 

 

 

 

で?次いつ会う?